ミニトマトの茎に根が!立ち枯病のサインかも?

立ち枯れ病 ミニトマト

梅雨の晴れ間の今日、軒下のミニトマトを太陽の下に移動させよくよく観察してみると茎のところが黒く変色し、茎から根っこが出てきていました。

茎の様子

ご覧のように、茎が地上部付近で黒くなり、痩せています。調べてみると水分をうまく吸収できずにいると他から水分調達しようと茎から根が伸びることが多いらしいです。とりあえず、他のポットに飛び火してはと思い茎と根を処分します。

ここまで順調に成長し、花も咲いていたのに残念です。

根はそれなりに張れていたように思います

茎の部分を切断してみると穴が空いていました。

茎・根・土は熱湯殺菌して処分しました。健康そうなところまで切り戻した地上部は実験的に水につけて様子をみてみます。

※追記:殺菌剤を溶かした水の中に3日間つけてみましたが、明らかに元気がなくなり茎にも黒いスジがでてきてしまいました。復活はむずかしそうです。

葉の食害

ミニトマトの葉と茎が何かに食べられてしまいました。良く葉の裏なども探したのですが発見できません。

害虫による食害

調べたところ、「オオタバコガ」と「ヨトウムシ」の2種の可能性が高いとか・・・。どちらも蛾の幼虫のようです。でも見つからないんですよね。こんなけ大々的に食べているのでそれなりに大きくなってると思うんですけど・・・。

めっちゃ食ってます。せっかく順調に育っているのに悔しい。花だってこんなに咲いているんですよ。

どちらの虫も実にも穴をあけて食害するらしいので、毎日よーく観察して絶対にみつけてやるぞ!

タイトルとURLをコピーしました