ハーブ検定2級に向けて

目指せ!ハーブセラピスト

前回、ハーブセラピスを目指して勉強を決意しました。まずは、ハーブ検定2級からということで、2級に合格するためにどんな内容を勉強するのか洗い出します。そして、せっかくだから楽しく、実用的にハーブを扱えるようになるため机上の知識だけでなく、五感で楽しめるような勉強方法にしていきたいと思います。10月の試験まで時間もあるし♪

 ハーブ検定2級の出題内容

・ハーブの定義

・ハーブの利用法

・ハーブの栽培法

・ベーシックハーブ10種類

【出題形式】選択式と記述式(試飲を含む実技あり)
【試験時間】 60分

・ペパーミント
・スペアミント
・レモンバーム
・レモンピール
・レモングラス
・レモンヴァーベナ
・ジャーマン・カモマイル
・ローマン・カモマイル
・リンデン
・ローゼル

※日本ハーブセラピスト協会HP参照

 ベーシックハーブ10種類

やばい・・・半分くらい初めて見た。カモマイルってカモミールのこと?でも10種類だし、1日ひとつ覚えたら10日でしょ♪

しかも、大きく分類したら

・○○ミント

・レモン○○

・○○カモマイル

・リンデン

・ローゼル

の5つでしょ?

いや、でも待てよ・・・

1番心配なのは、出題形式の【(試飲を含む実技あり)】ってとこですよ。公式ホームページにサラっと(括弧)で書いてあるけど結構な不安材料なんですけど。つまり、10種類の飲み分けができないとダメってことだよね。しかも、おそらく「レモン味」であろうものが4種類。激しく難しいことに気づいてしまった。

よしっ!どっかでティーポット見つけてこないとな。

 ハーブの栽培方法

さすがハーブ検定。使うところからじゃなくて、育てるところからなのね。確かに口に入れるものだし、無農薬のものがいいから自分の手元で育てるのが1番ですね。そもそも、この10種類ってホームセンターとかで簡単に手にはいるのだろうか?ハーブって勝手なイメージだけど地中海沿岸の温暖な気候のところで育っているイメージがあるけど、冬場雪ががっつり積もるような土地でもちゃんと育ってくれるのだろうか?色々、疑問はあるけど実践あるのみ!

よしっ!今度の休みはホームセンターの園芸館へ♪

 テキスト

やっぱり、公式テキストが1番かなということで、検定教材を申し込むことに。テキストと問題集をネットでポチリ。前回もご紹介した通り、2級・1級が1冊にまとめられているので効率よく知識を得られそうです。

検定公式テキストは コチラ から

届くのが今から楽しみです♪

 

タイトルとURLをコピーしました