花好きなママに送るカーネーション。色によって意味合いが変わる?

暮らしに役立つ植物

お花好きなママに送る母の日ギフト。最新品種から、オシャレで健康になれちゃうプレゼントまでご紹介いたします!贈るカーネーションの色に意味があることもしっていましたか?せっかくのプレゼントなので失敗しない花選びをしたいですね♪

カーネーションの色によって贈る意味合いが変わる!?

色によって意味合いが変わるカーネーション。現在では多くの品種が出回りそれほど気する方も少なくなりましたが、大切なお母さまに送るお花ですからちょっとした気遣いとして気に留めてみるのも良いかもしれないですね。

  ・・・「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」

ピンク・・・「感謝」「上品・気品」「温かい心」「美しい仕草」

オレンジ・・・「純粋な愛」「熱愛」「清らかな慕情」

  ・・・「誇り」「気品」

ここで気をつけたい色は「黄色」と「白」の2色。特に白は、母の日の由来ともなっている亡くなったお母さまを偲んで捧げられた白いカーネーションのお話が有名なため、ご健在のお母さまに渡す色としては避けたい色となっています。お花好きなお母さまなら知っているお話かもしれないので注意したいポイントです。

黄色 ・・・「軽蔑」「美」「嫉妬」

  ・・・「尊敬」「純潔の愛」「泣き母をしのぶ」「尊敬」「純潔の愛」

カーネーション

カーネーションも品種改良がされ、毎年新品種が出ているのをご存じでしょうか。今日はお花好きなお母さんでも「まあ!初めてみたわ!」「〇〇さんに教えてあげよう!」などと、喜んでくれること間違いなしのカーネーションをご紹介します。

ファンシービアンフェ

最近出てくる新品種に多い複色(ふくしょく)系のカーネーション。複色とはひとつの色で表せないときに使う花業界ではよく使われるワードで、ひとつの花の中に2色以上出ているものを指します。一輪一輪違った表情が楽しめるのもいいですよね。花もちが非常に良いビアンフェの姉妹品種です。


アトリウム

落ち着いたグリーン系のカーネーション。咲き始めはほんのりピンクで、徐々にグリーンに色変わりするので毎日、花色の違いを楽しめます。アンティーク好きなお母さまにはぴったりのお色です。


感謝の気持ち

あの種苗会社サカタのタネが開発したカーネーション「感謝の気持ち」。赤いカーネーションは定番ですが、日が経つにつれて色褪せしやすい色です。ですが、こちらの品種は退色のしずらさでも評価を受けており鮮明な赤色を持続しつつ花もちも良いのでおすすめです。また、同時に発表された、色変わりのピンクのカーネーション「ホットハート」もおすすめです。



カーネーション+αの贈り物

カーネーション+αで送る際おすすめしたいのがコーディアル。

コーディアルとは、季節のハーブやフルーツを生のままシロップに漬け込んだ濃縮ドリンクです。 ヨーロッパでは伝統的で定番ドリンクで、身体にとっても良いのが特徴です。

お花やナチュラルなことが好きなお母さんはきっと興味をもってくれること間違いなしです。まず、コーディアルの中でも特におすすめしたいのが「エルダーフラワー」のコーディアルです。

エルダーフラワーとは和名「西洋ニワトコ」のことで、ニワトコ・・・ニワトコの杖?そう!ハリーポッターに出てくるニワトコの杖のニワトコです。それだけヨーロッパでは、魔法のような効果がある植物として知られているんですよ。


エルダーフラワーは以前コチラお記事で紹介しています。⇒https://take-babysteps.com/symboltree/#toc7


コーディアルも種類が豊富なので、お好みの味・香りを選んでみてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました